婚約指輪は比較して選ぶのが重要|とっておきのリングの見つけ方

リング

長く着用するために

ハートを持つ人

指の太さに合わせて

婚約指輪とは、結婚の約束が成立してから、結婚する時までの間に、女性が身につける指輪です。昨今ではこれを、結婚後もファッションリングとして日常的に使うという女性が増えてきています。婚約指輪は、一般的にはダイヤモンドがついているため、美しい上に高価です。そのため多くの女性が、結婚までの短い間しか着用しないのはもったいないと考えているのです。しかし着用したくても、指が太くなったり細くなったりすれば、当然着用できなくなります。そのような女性のために、銀座の多くの宝石店が、購入後のサイズ直しに対応しています。婚約指輪のサイズは、内周を研磨すれば大きくなりますし、一部をカットした上で再度つなげば、小さくなるのです。しかも銀座には、このサービスを無料で行っている宝石店も数多くあります。購入後1回のみ、あるいは3年以内といった条件が設けられていることが多いのですが、それでもメリットは大きいと言えます。そのため、婚約指輪を長く使うことを希望している女性の多くが、銀座の宝石店で購入することを、相手男性に求めています。ただし、アームが極端に細かったり、アームの全周に細かな模様が刻み込まれている婚約指輪の場合、サイズ直しが困難となっています。そのため購入時には、店員にサイズ直しが可能かどうかを十分に確認しておくことが大事です。品数の多い銀座の宝石店でなら、複数回のサイズ直しができるという頑丈な婚約指輪を、比較的容易に見つけることができます。