>

まずは、業者を検索してみよう!

配線を含め通信速度の最適とは?

通信速度はこれからもどんどん早くなっていくことでしょう。テレビ番組などで海外からのレポーターさんとメインキャストとの会話にあるタイムラグが全くなくならないとはしても、ロスタイムは少なくなっていくことは当然だと考えられます。
そこで、配線工事でバージョンアップしておきたいものです。
だって、発信している方は、高速で受け取れるようにしていても、受信する側の配線などが整っていないと通信速度が遅いままとなってしまうからです。

また、将来的に受信だけなのか、それとも発信していきたいビジネスを考慮しているのかなども、使用する人を中心に考えていくことも必要ではないでしょうか。
そこには、お任せではなく、自分の環境を創っていくという姿勢も必要だと思いますが、いかがでしょうか。

ストレスのない美しいシンプルな配線とは?

私事で恐縮なのですが、以前に電話をテレビの配線を業者の人に行っていただいたのです。
結果、「それ、工事をしている時に、聞いてくれたらよかったのに」と悔しい思いをしたことがあります。
安価な業者に依頼したばかりに、と悔やんでも悔やみきれません。

それは、配線です。
映ればよし!という、いかにも昭和的な工事だったのです。
でも、その場で過ごす時間が多い私にとっては、見るたびにストレスを感じてしますのです。
だから、完成後のデザインも要求していくべきだと思います。遠慮することなく、望むべき最終的にスッキリ感があるように。環境は人を作るっていう言葉もあるもの。美しくしていただきましょう。そして、色んなやり方があるのであれば、こちらが選択できるようにしたいものです。それには、業者の方へも敬意を持って接していきたいと思いませんか。


TOPへ戻る