>

業者へ見積もりを依頼してみよう!

問い合わせや見積もり依頼をしてみよう

検索した業者の中から、見積もりを依頼してみよう。問い合わせの方法は電話?それともメールですか?
その時に対応してくれる人の印象も気に留めておきましょう。
今の時代、とても乱暴に対応する人はいないとは思いますが、不愉快な思いをしたのなら、それをきちんと伝えたいと思います。だって、こちら側の説明の仕方に問題があったのかもしれないですからね。

そう、見積もりを依頼するときは、配線を壁に止めるのか、それとも、床のカーペットなどに埋め込むのかも価格に反映されると思います。構造的なこともあるでしょうが、こちらの要望を業者からは、どのように提案に変換してくださるのかも見てみたいものです。そうそう、見積もりを依頼する際には、工事をお願いする物件は自社物件なのか賃貸なのかにも大切ですよね。賃貸だと工事できる範囲に制限があるかもしれないですからね。

問い合わせ担当の人の印象は?

今では考えられないけれど、何年か前の電化製品の大量販売店での店員の対応は最悪だったな。それは、専門用語を連発して、購入予定者に対して専門用語がわからないというと、見下したような対応であったのです。これは、私の個人的な印象かと思いきや、友人や知人などもコツを揃えて、家電量販店の店員は苦手だと言っておりました。理由は、私と同様にその人が知っている専門用語の連発と専門用語をしていることだけが優秀と言わんがばかりの対応だったからということです。これは一昔前のことで、平成も終わりを迎えようとしている昨今では考えられないですが、本当のことです。

このような対応をした業者には工事を依頼しなければ良いのでしょうが、もしかしたら、この人、個人だけが特殊で工事の完成度は非常に高いのかもしれないですね。


TOPへ戻る